◆イチゴシロップ食べきりレシピ



イチゴシロップ3日目。
実にも程よく染みてる。

自分の忘備録に書いておく。

《イチゴシロップ・レシピ》

・小粒のイチゴ 250~300g
・砂糖 イチゴの半量

いろいろなレシピがあったけど、手軽に。

◯イチゴ:砂糖=2:1 で漬け込み。

長期保存しないから、これぐらいが私には好みかな。

◯作り方
ただ瓶に入れるだけ。
攪拌する、自然に溶ける、を繰り返し、3日目で飲める。

レシピに1日後に煮るとあったけど、ビタミンが逃げるから煮ない。
フレッシュさが美味♡

保存する場合は、砂糖多めで、漬け込み1日後に煮ると良い。

じっくり滲み出たイチゴの風味。
水で割って美味しいドリンク。

飲み終わった後に、コップの実を食べる。
くわ~!美味しい!

また作りたい。

あ、なくなる前に、トーストバンとクリームチーズ買って来なきゃ。

これは、友達がツイッターで教えてくれたレシピ。
メモしておく。

《イチゴ・トースト》

トーストの上に、
サワークリーム、または、クリームチーズをのせ、
イチゴ煮を乗せる。


ああ、絶対美味しい。食べたい。
明日買ってこよう!



小袖生活案内人 吉房 泰子でした。



<着る> 小袖ワークショップ 基本

4/20(金)横浜・大倉山 空席あり  →4/19・18:00まで受付
開催案内はこちら  

5/17(木)横浜・大倉山 空席あり
開催案内はこちら  


お申し込みはこちら




《これからの予定*受付中》
4/20(金)小袖ワークショップ・大倉山
4/25(水)ラセン尺八袋・手縫い教室・東京谷中
5/12(土)~ 袴ちくちくワークショップ  満席
5/17(木)小袖ワークショップ・大倉山 new
5/26(土)ふんパン教室・関内 new

◯遊びに来てね~♪



◯小袖を縫う教室
土曜クラス、満席になりました。
木曜クラス、月2回の空席あります。
その他は、キャンセル待ちを受付します。





*-*-*-*-*-*-* お知らせ *-*-*-*-*-*-*




<作る 着る> 第6回 袴ちくちくワークショップ
5/12(土)~ 連続講座  関内 満席
開催案内  



開催企画のご相談ください。お問合せはこちら




<作る> ふんどし型パンツ あずま袋 手縫い教室

5/26(土)横浜 関内教室
開催案内はこちら  お申し込みはこちら




<作る> 小袖生活ちくちく教室 
マイ小袖の制作教室 横浜・関内
木曜クラス 月2回・2席、月1回1席
土曜クラス 満席
教室詳細はこちら  お問合せはこちら






*-*-*-*-*-*-* フォローしてね *-*-*-*-*-*-*

Instagram 小袖生活

YouTube 小袖生活

Facebook くさのめ工房

Twitter 吉房泰子+小袖生活

ホームページ くさのめ工房




関連記事

Tag: 食べること  comment:0 

【小袖WS感想】小袖は楽!今が古い時代の人と繋がっている実感がわきました



所沢の小袖ワークショップ。
ようやく、写真をいただき、整理しました。

みなさん、それぞれ小袖姿が様になってます。
とても楽しんで、あっという間の3時間でしたね。

所沢の参加者さんから、ご感想をいただきました。
掲載のご協力を、ありがとうございます。

ーーーーーー

小袖は楽!

特に足の動きがあまり妨げられないところが、
ふだんパンツスタイルの私にはうれしい。

帯が細くて扱いやすい。
胸にかからないので息も楽です。

木綿の重ね着の重みは、長く着ていると疲れるのでは?と感じました。




ワークで、ちょっとしたことで、
体の動きがこんなに変わるのかと驚きました。
体験しなければ理解できなかったと思います。

ネットなどで情報はいろいろ得られますが、
今回の歴史のお話で一つの流れとして感じられ、
今が古い時代(写真や絵の人)と繋がっているという実感がわきました。

あの場にいなければわからない貴重な経験でいっぱいでした。

ーーーーーー




見ると着るでは、大違い。
リアルな感じが伝わるご感想を、ありがとうございます。

小袖を着て、それぞれに感じることは、別だと思います。
そして、今の自分の体を感じられる。

資料を見ながら、解説して、歴史を振り返る。
出てきた質問にも、一緒に考えてみる。
疑問はあってもいい。
わからないことのままを大切にして、次へと活かしていくこと。

この会場は、階段があったので、階段を上るワークをしました。
これも、3時間ならではの特別バージョン。

いつもの体と違う、小袖と腰帯の身体感覚を、どうやって使うのか?
小袖を着て、階段を登る・降りるだけでも、違いを感じた人がいました。

自分の体を意識して、ヒントを頼りに登る・降りるだけで、全然違う発見がある。
みなさん、驚いていました。

日本人の着物を使った暮らしの一端を、味わっていただけたようでした。

私がお伝えした表現で、こうして受け取ってご理解いただけて、
ああ、小袖と出会ってもらえた!と、私も満たされます。

本当に、小袖を楽しんでくださり、ありがとうございます。

着てみると分かること、楽しいですね。

どんな感じか、ご興味ある方は、明後日の小袖ワークショップで、
小袖と出会ってみてください。

着付け教室とは、一味違う、寝転がってもOKな着方レッスン。
気楽に、遊びに来てくださいね。



小袖生活案内人 吉房 泰子でした。



<着る> 小袖ワークショップ 基本

4/20(金)横浜・大倉山 空席あり  →4/19・18:00まで受付
開催案内はこちら  

5/17(木)横浜・大倉山 空席あり
開催案内はこちら  


お申し込みはこちら




《これからの予定*受付中》
4/20(金)小袖ワークショップ・大倉山
4/25(水)ラセン尺八袋・手縫い教室・東京谷中
5/12(土)~ 袴ちくちくワークショップ  満席
5/17(木)小袖ワークショップ・大倉山 new
5/26(土)ふんパン教室・関内 new

◯遊びに来てね~♪



◯小袖を縫う教室
土曜クラス、満席になりました。
木曜クラス、月2回の空席あります。
その他は、キャンセル待ちを受付します。





*-*-*-*-*-*-* お知らせ *-*-*-*-*-*-*




<作る 着る> 第6回 袴ちくちくワークショップ
5/12(土)~ 連続講座  関内 満席
開催案内  



開催企画のご相談ください。お問合せはこちら




<作る> ふんどし型パンツ あずま袋 手縫い教室

5/26(土)横浜 関内教室
開催案内はこちら  お申し込みはこちら




<作る> 小袖生活ちくちく教室 
マイ小袖の制作教室 横浜・関内
木曜クラス 月2回・2席、月1回1席
土曜クラス 満席
教室詳細はこちら  お問合せはこちら






*-*-*-*-*-*-* フォローしてね *-*-*-*-*-*-*

Instagram 小袖生活

YouTube 小袖生活

Facebook くさのめ工房

Twitter 吉房泰子+小袖生活

ホームページ くさのめ工房



<キーワード>
関連記事

Tag: 小袖WS体験の声  comment:0 

◆日本人が何百年も着物を着続けてきたのは体をサポートする装置だったから



今、体の中を感じることが出来ますか?

目をつぶって、手で触れず体を動かさずに、

右足の土踏まず感じられますか?
どんな感じですか?

背中の左側の肩甲骨を感じてみてください。
どんな気配ですか?

よく分からないですか?
分かりやすい所と分かり難い所がありますか?

今朝、服を着る時に、体の1つ1つに気がつきましたか?

いや、そこまで時間を取れないですよね。
私も、意識しないと体の1つ1つを忘れています。

足のない幽霊が描かれた頃は、明治らしい話。

現代人が幽霊になったら、
胃から上半身だけの幽霊になるかもしれない。

自分の体を中心に評価判断してしまうと、
時代の中で置き去りになった、体感覚の鈍化を忘れてしまう気がする。

それでも、鈍っていることを自覚するのも、
何かを体感した時の自分の体が基準になる。

思考や頭を中心にエネルギー使う現代は、
意識的に下半身や足元の感覚を養うことが大切です。

昨日の記事の武学講習で、体感覚だけで行う観法も、
ど素人の私が体感できた範囲は、本当に知ったことになるかは分からないが、
確実に小袖と袴と腰帯だったから、観法の反応が起きやすかったと分かる。

日本人が何百年も着物を着続けてきたのは、機能的だっただけでなく、
やはり体をサポートする装置だったから。




動法(型や式)があって観法があるのと同じに、
小袖と腰帯で生活する体感覚が養われて、
体の負担にならない自然体のからだ使いをする体になる。

身体が、からだ使いを知る。

その時は、頭や思考は置き去りにされて、ただ気づくための受け手になり、
時には言語化する役割に徹する。その繰り返し。

生活着としての小袖と腰帯は、現代着物を着た人の体感とは別のもの。

私には、小袖と腰帯は、暮らす体の舞台装置のように感じる。

これで何百年も暮らした日本人としての感覚は、体の中に眠っていると思う。

しかも、リラックスできる動きやすさ。それが小袖です。

日本人の持つ体感覚を見つける講座が、小袖ワークショップです。
どうぞ、明後日・4/20(金)に試してください。



小袖生活案内人 吉房 泰子でした。


<着る> 小袖ワークショップ 基本

4/20(金)横浜・大倉山 空席あり  4/19・18:00まで受付
開催案内はこちら  

5/17(木)横浜・大倉山 空席あり
開催案内はこちら  


お申し込みはこちら



《これからの予定*受付中》
4/20(金)小袖ワークショップ・大倉山
4/25(水)ラセン尺八袋・手縫い教室・東京谷中
5/12(土)~ 袴ちくちくワークショップ  満席
5/17(木)小袖ワークショップ・大倉山 new
5/26(土)ふんどしパンツ教室・関内 new

◯遊びに来てね~♪



◯小袖を縫う教室
土曜クラス、満席になりました。
木曜クラス、月2回の空席あります。
その他は、キャンセル待ちを受付します。





*-*-*-*-*-*-* お知らせ *-*-*-*-*-*-*




<作る 着る> 第6回 袴ちくちくワークショップ
5/12(土)~ 連続講座  関内 満席
開催案内  



開催企画のご相談ください。お問合せはこちら




<作る> ふんどし型パンツ あずま袋 手縫い教室

5/26(土)横浜 関内教室
開催案内はこちら  お申し込みはこちら




<作る> 小袖生活ちくちく教室 
マイ小袖の制作教室 横浜・関内
木曜クラス 月2回・2席、月1回1席
土曜クラス 満席
教室詳細はこちら  お問合せはこちら






*-*-*-*-*-*-* フォローしてね *-*-*-*-*-*-*

Instagram 小袖生活

YouTube 小袖生活

Facebook くさのめ工房

Twitter 吉房泰子+小袖生活

ホームページ くさのめ工房



<キーワード>
関連記事

Tag: 自転車・走る・地下足袋  comment:0 

ようこそ小袖生活へ

* サイトマップ *

プロフィール

小袖生活案内人 吉房泰子

Author:小袖生活案内人 吉房泰子
江戸の人が着てた普段着の着物
小袖で楽しく暮らしています。
 ◯小袖をご存知ですか?
 ◯なぜ小袖生活を始めたのか?
 ◯小袖WS・参加者の声






開催情報

4/20(金)大倉山_空席あり

5/17(木)大倉山_空席あり

5/26(土)横浜関内_空席あり

5/12(土)〜・全6回_満席

木曜_空2席

土曜_満席

*キャンセル待ち受付*

 

◆小袖生活・着方ワークショップ

 

人気記事
新着記事一覧
◆イチゴシロップ食べきりレシピ 2018/04/19
【小袖WS感想】小袖は楽!今が古い時代の人と繋がっている実感がわきました 2018/04/18
◆日本人が何百年も着物を着続けてきたのは体をサポートする装置だったから 2018/04/18
◆袴と腰帯で初武術体験/武学BUGAKU講座へ行ってみた 2018/04/15
◆下駄職人に聞いた古い下駄チェック方法/鼻緒のすげ替え/下駄の買い方 2018/04/10
◆雪輪模様の片身代わり小袖・憧れ中世デザインを縫ってわかること 2018/04/07
◆お太鼓結びが難しいのはなぜ?ハードル下げた簡単な帯結びオススメ 2018/04/04
◆世界の寒冷地で創意工夫の衣服と日本の野良着と服飾/寒さと衣服展 2018/03/30
◆3/30所沢で小袖ワークショップ開催します・満席 2018/03/17
【業務連絡】本日の連絡は電話でお願いします 2018/03/10

        * サイトマップ *

カレンダー/since2012
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
読者になってね
アルバム
QRコード
QR
アクセスカウンター