絞りの布



先日、アンティーク着物のお店に行って、プラプラとながめてきました。
どれも立派な着物が、本当に申し訳ないくらいに、お手頃のお値段で並んでる。
目のお正月〜。着物って、きれいですね。

その傍らに、端切れコーナーがありました。
いろんなきれいな布は、見てるだけで、気持ちがイイ。
布って気分が、ワクワクするのは、なんででしょうね〜。
こういうのは、独特な楽しさ。わかります?うふふ、、、

きれいだわ〜と、ながめているうちに、、、
なんか、作れそうなイメージが湧いてきちゃいました。
絞りの布を3種類、買ってきました。
この3日間くらい、あーでぇねーか、こーでぃねーかと、コーディネート。
紙に色をぬって、デザインを考えたり、、、
仕事の合間に、こういう時間って、楽しいな。

なんだかんだといって、一日中、創作やら切れ目なく思いめぐらしてます。
我ながら、ボコボコと湧いてくるんだから、しょうがない。
その中のいくつが、現実に産み出されるのか、、、
お手手は、ふたつ。お目目も、ふたつ。
できることと、できないこと。

母方の曾祖父の言葉を思い出します。
「目は、臆病者。手は、働き者」
はい!おじいちゃん。そのとおりです。

この絞りのコツコツと、手間をかけた模様は、見ていても飽きがきませんね。
こうして人の手によって作られたもの。
日本の手仕事の奥深さを、しみじみと感じます。
その手間のかかった布を、身にまとえることは、幸せです。
こころが、真から豊かになります。

着物って、いいな。日本の手仕事って、素晴らしいな。


小袖WS 1/27(日) 西荻窪・ほびっと村にて。
おかげさまで、残席1名様です。お申し込み 受付中です。
小袖の楽チンさを、お試しください。お会いできるのを、お待ちしてます。
関連記事
<キーワード>

Tag: 手縫いの話  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
ようこそ小袖生活へ

* サイトマップ *

プロフィール

小袖生活案内人 吉房泰子

Author:小袖生活案内人 吉房泰子
江戸の人が着てた普段着の着物
小袖で楽しく暮らしています。
 ◯小袖をご存知ですか?
 ◯なぜ小袖生活を始めたのか?
 ◯小袖WS・参加者の声






開催情報

11/15(金)名古屋_空席new

11/26(火)大倉山_空席new

 

◆小袖生活・着方ワークショップ
縫う教室・受付中

10/12(土)関内_空席ありnew

袋小物,刺し子ふきんコースター

ふんどしパンツ,あずま袋,らせん袋など

 

11/9(土)〜2月・連続講座

受付終了・次回は来年予定

 

横浜_木曜_月2回_2席

横浜_土曜_月1回_1席

 

名古屋_金曜_月1回_4席

名古屋クラス詳細
人気記事
新着記事一覧
◆酉の市・横浜橋で、イヨ~ヨヨヨイ良い!/祝1000記事記念 2019/11/09
◆台風の前と後/袴コーディネート・庭仕事と重ね着秋コーデ 2019/10/16
【小袖WS感想】小袖を着ただけで初対面でも落ち着いて話できると驚いてます 2019/10/15
【お知らせ】10/12講座と教室、台風の影響で休講します 2019/10/10
◆台風に備え停電対策ソーラーライト電球型ランタンと鍋炊きご飯 2019/10/09
◆歩く瞑想と小袖シルエット 2019/10/06
【名古屋クラス感想】リアルな教室で習う意味は同じ空間で見て覚える大切さ 2019/09/23
◆無印良品の袴を見たマニアックな感想です。袴人 2019/09/19
【受付開始】11/9~ 第9回 袴ちくちくワークショップ縫う着る連続講座 2019/09/15
【事務連絡】お申し込みメールのお願い・ドコモ携帯からの場合について 2019/09/13

        * サイトマップ *

カレンダー/since2012
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
読者になってね
アルバム
QRコード
QR
アクセスカウンター