田中忠三郎氏「物には心がある。」



今日は、歴史民俗研究家、田中忠三郎さんを、ご紹介します。
アミューズミュージアム名誉館長 3月5日に昇天されました。

「物には心がある。」
この本には、青森地方の暮らしと衣にまつわる話が、書かれています。
田中先生の衣への、温かく情熱のこもった話は、まるで目の前で語られてるかのようです。

ーーーーーーーーーーーー
私の手元には今でも、そのときに母が遺してくれた二枚の「綴れ」(刺し子)がある。
「刺し子」は、布地を二枚合わせて全体に針目を刺し綴ったもので、縫うのに手間がかかる。
働き者だった父のために、母が心を込めて縫ったものである。

母が亡くなっても、私に引き継がれた生命があった。想いがあった。

その母をこの世に産み出した祖母も布を大切にする人だった。
私が幼い頃にいたずらに布にはさみを入れると、
厳しい顔で「肉を切るのとおなじことだ」と叱った。

それほどに衣と布は、人間にとって大切でかけがえのないものなのである。
布には生命があり、祈りが込められていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(引用 p.165)

人の生きる姿を見つめる中で、縄文土器、古民家の民具や古着の収集保存をされました。
苦しい暮らしの中で集めたBOROの衣は、黒沢映画「夢」に使用されました。

ーーーーーーーーーーーー
(青森では、旅人は家々で歓迎され、親族以上に丁寧に扱われた。省略)

特に「針」を持った者は歓迎された。
糸はなんとか自分で紡ぐことができるが、針がない限り、縫い物仕事はできない。
ある村を歩いていたら、女の悲鳴のような鳴き声が聞こえてきたので、何かと思ったら、
針を折ってしまった女の声であったという話が残っているくらい、
針は貴重品だったのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(引用 p.57)

雪に閉ざされた囲炉裏端で、家族を想い、ひと針一針、縫っていた風景。


amuse-m-1.jpg

青森地方の、こぎん刺しのタッツケ袴です。
(アミューズミュージアム所蔵品・館内撮影許可所にて)
白い一面の布地に、紺の糸、白い糸で、刺し子が施されています。
まるで織物のようですが、刺繍のように糸だけで、模様ができています。
この手間のかけ方は、気の遠くなるような時間で生まれた物です。

棉の栽培は、北限は山形・新潟辺りだそうです。
青森では、麻などの布に、木綿の糸で刺し子をしていました。
麻糸は作れるし、麻布は織ることはできる。
木綿は外から手に入れる貴重品でした。
寒い中で、木綿の糸の温かさは、どれほどに貴重だったことでしょうか。

ある村には、色糸が物々交換で手に入り、華やかなこぎん刺しが生まれた。
色糸が手に入らなかった村も、多かったそうです。
それが、白と紺だけで、より複雑に文様を産み出すことへ繋がったそうです。

「布が一寸四方、豆が三粒包める布は、取っておけ」
そう言われるほどに、木綿の布や糸は、貴重なものだったと言います。

私が、タッツケ袴を調べる中で、感銘を受けました。
いつか田中先生のお話を、お聞きしたいと思っていました。
収集品は、アミューズミュージアム(浅草)と国立民俗博物館(大阪)にあります。
残して下さった品々を通して、お言葉に耳を傾けたいと思います。

私たちの先人の慎ましい暮らし。
衣食住。衣が一番先に来る意味。
明後日の小袖生活ちくちく教室の始まりに、様々な想いがこみ上げてきます。

「物には心がある。」田中忠三郎氏(アミューズミュージアム発行)
夜ばいの話、盆踊りの体験者ならでは♡、楽しい話もたくさんありますょ(笑)


小袖ワークショップ お申し込み 受付中です。 
3/17(日) 西荻窪・ほびっと村にて。

江戸の庶民も着ていた小袖の試着を、手ぶらで楽しくできます♪ 
眼からウロコの、着物の楽チンさを、お試しください。お待ちしてます。
WS申し込みはこちら


小袖生活ちくちく教室が、3月から横浜で始まります。
小袖を着るアイテムを、手縫いする講座です。
暮しの中で、お惣菜のようなホッとする着物・小袖を、縫ってみませんか?
お問合せはこちら
関連記事
<キーワード>

Tag: 手縫いの話  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
ようこそ小袖生活へ

* サイトマップ *

プロフィール

小袖生活案内人 吉房泰子

Author:小袖生活案内人 吉房泰子
江戸の人が着てた普段着の着物
小袖で楽しく暮らしています。
 ◯小袖をご存知ですか?
 ◯なぜ小袖生活を始めたのか?
 ◯小袖WS・参加者の声






開催情報

9/20(金)名古屋_空席

9/23(月祝)大倉山_空席

10/18(金)名古屋_空席new

10/22(火祝)大倉山_空席

 

◆小袖生活・着方ワークショップ
縫う教室・受付中

9/14(土)関内_空席ありnew

10/12(土)関内_空席ありnew

ふんどしパンツ、あずま袋、らせん袋

 

横浜_木曜_月2回_2席

横浜_土曜_月1回_1席

 

名古屋_金曜_月1回_4席

名古屋クラス詳細

 

次回は11月〜2月

受付は9月上旬

人気記事
新着記事一覧
【名古屋クラス感想】リアルな教室で習う意味は同じ空間で見て覚える大切さ 2019/09/23
◆無印良品の袴を見たマニアックな感想です。袴人 2019/09/19
【受付開始】11/9~ 第9回 袴ちくちくワークショップ縫う着る連続講座 2019/09/15
【事務連絡】お申し込みメールのお願い・ドコモ携帯からの場合について 2019/09/13
【緊急企画】9/14手縫い&刺し子レッスン(ふんどしパンツ手縫い教室・改め) 2019/09/12
◆超大型台風15号の被害お見舞い申し上げます/徹夜で雨漏り対策し倒木処理など 2019/09/09
◆刺し子ふきん12枚が勢ぞろい!2018年~2019年8月・忘備録 2019/09/05
【袴WS感想】カルサン袴とモンペ袴のどっちが良い?全部欲しい!完成お披露目 2019/08/25
【小袖教室】手縫いの針目はおおらかに。これで良いのだ!木曜クラス 2019/08/22
【Q&A】浴衣は手洗いですか?洗濯機で洗えますか? 2019/08/13

        * サイトマップ *

カレンダー/since2012
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
読者になってね
アルバム
QRコード
QR
アクセスカウンター