柿の実を採りました



3連休は、紅葉の奥会津に行き、楽しんできました。
また、写真を整理してから、お伝えしますね。

10月の終わりに、今年も、庭の柿を採りました。

準備をしていたら、裏の叔父さんが出てきて、ちょっと世間話。
おしまいに「落ちないようにね」と、やさしく言ってくれました。
うれしいですね。

「今年も、いただきます。」
はじめに、柿の木に、挨拶をします。

そして、脚立と、高枝ばさみで、柿を採る。
上を向きっぱなしで、首が痛くなるのも、恒例。

今年は裏年。
去年は豊作の年。
一年ごとに、お休みと実りを、繰り返します。

ずっと、実っていたら、枯れてしまうでしょう。
来年へ向けて、充電する年、裏年。

樹のリズムは、生きるためのお手本です。

そんなことを思っていたら、来年のために、
少し、枝落としをしたくなりました。

脚立から木に移り、久しぶりの木登り。
木登り、私、大好きです。

今年の木登りは、地下足袋です。
裸足の感覚だから、足がとっても安定します。

以前の長靴では、二股の枝にハマって、動きにくく、
滑りそうで、緊張しました。

タッツケ袴で、足元も引っ掛けないし、楽チン。
もんぺの時は、すねの布を引っ掛けてました。

腰に下げたノコギリと剪定ばさみで、
気分だけは、植木職人の見習い。
先人の知恵で、安全に木登りできました。

仕事がはかどるって、気持ちイイ〜!!


kaki13-2.jpg

裏年の柿でも、コレだけ採れたら、充分です。
すでに、たくさんの鳥たちが、連日食べに来ていました。
私は、鳥の残りをいただきます。

鳥も人も仲良く、今年も、おいしく味わっています。


小袖ワークショップ 受付中

 ◎ 神楽月 11/17(日)pm1:00~3:00

  東京 西荻窪・ほびっと村にて

 ◎ 暮来月 12/7 (土)pm1:30〜3:30

  横浜 元町・ステラハウスにて



  


  



楽チンな着物、ゆったりした小袖の試着を、手ぶらで楽しくできます♪ 
◆ WS♪参加者の声
◆ WSお申し込みは(^^)こちら


小袖生活ちくちく教室

 横浜にて開催中


  


小袖を着るアイテムを、手ぬいする教室です。
暮らしの中で、お惣菜のようなホッとする着物・小袖を、縫ってみませんか?
◆ お問合せは(^^)こちら
関連記事
<キーワード>

Tag: 自転車,下駄走る,地下足袋  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
ようこそ小袖生活へ

◯年末年始お休み←詳細

12/23(日)〜1/7(月)


* サイトマップ *

プロフィール

小袖生活案内人 吉房泰子

Author:小袖生活案内人 吉房泰子
江戸の人が着てた普段着の着物
小袖で楽しく暮らしています。
 ◯小袖をご存知ですか?
 ◯なぜ小袖生活を始めたのか?
 ◯小袖WS・参加者の声






開催情報

2019/1/27(日)

名古屋_空席ありnew


2019年1/18(金)

横浜大倉山_空席あり

2019/1/27(日)

名古屋_ new

名古屋企画ご案内

 

 

木曜_月1回1席

土曜_月2回1席

 

◆小袖生活・着方ワークショップ

 

人気記事
新着記事一覧
◆畳縁テープ手作りバッグ/シンプルなA4サイズ 2019/01/16
◆中華街おいしい水餃子・山東/横浜散歩 2019/01/12
◆イスラエル人も大喜び!ひもトレinバンコク海外ひもトレ講座 2019/01/12
◆着物で運転できるの?僧衣で運転で交通違反キップ福井の件を考える 2019/01/11
◆和風ダウンジャケット綿入れ半纏/櫛巻きヘアアレンジ② 2019/01/11
【業務連絡】1/18小袖ワークショップへお申し込みS様へ 2019/01/10
◆浮世絵の髪型を真似してみた/櫛巻きと鈴木春信 2019/01/09
◆バンコクから帰国しました/タイ北部の布で縫った小袖エピソード 2019/01/08
◆当たり前の変わらないものを大切にして 2019/01/01
◆刺し子小袖元年2018年に感謝 2018/12/31

        * サイトマップ *

カレンダー/since2012
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
読者になってね
アルバム
QRコード
QR
アクセスカウンター