紅葉の奥会津の旅 その6 麻って麻じゃないの?大麻博物館



紅葉の奥会津 その1 その2 その3 その4 その5

とうとう、11/2〜4の旅の最終回です。

雨に濡れた紅葉も、色鮮やかで美しく。
車で移動中に、日が照ってきました。

どこかで、虹が見えてるかも、と言ったら…
目の前に、虹が〜!!

深大寺さんの車が、虹を通っていくみたい
虹へ向かって、走る〜♪

…実は、ウカレて、虹の写真を撮ろうとしたら、
タイマー設定になっていて、10、9.8、、、

えー? と、と、撮れなーい。。。
あ、虹、見えなくなっちゃった、、、大爆笑!!

その後に、撮れた写真でした。ほっとした。
天然ボケで、失礼します〜。


yukkogi-6-2.jpg

お腹がよじれる笑いと共に、向かったのは、
大麻博物館」那須ICの近くです。

ショップ?のようなログハウス博物館。
ところが、内容は、充実。

私が着ているのは、大麻の襦袢。
100年くらい前の物。

隣は、去年に深大寺さんが、縁あって縫った、
大麻の半着と浦島袴のセット。
手触りは、しなやかで、暖かそう。

「これ、私が縫いました。」
と、照れながら言って、衣と再会を喜ぶ、深大寺さん。

なんと、スタッフさんいわく、
「今日、展示しようって、出した所なのよ〜。」

一同、顔を見合わせて「え〜?!」
館長さんに、行くと言っていないのに、偶然の再会でした。

びっくりな、着物の神様の演出!かっこいい。
うれしさも、ひとしおです。


yukkogi-6-3.jpg

こちらが、江戸時代の大麻の襦袢。

隣の繊維が、大麻です。
とても、ツヤツヤしていて、美しいです。

神社での、おはらいに使っている物は、
古来より、大麻だそうです。

それを、衣服にしていたのですね。
砧打ちをして、柔らかくする行程が入ります。
日本の大麻は、暖かく、柔らかいのだそうです。

麻は、固くて涼しいと思っていたのは、別の種類の性質だから。
認識違いだったことが、判明。
麻と思っていた素材が、こんなにたくさんあったとは。
、、、驚きです。

布の繊維としての、説明だけにします(きっぱり)

海外の大麻とは、性質が違うそうです。
そのために、呼び方も変えているとのこと。
 国内産=大麻
 海外産=ヘンプ

◎「麻」と表示できるものは、2つのみ。
 ・苧麻ちょま(イラクサ科)海外産=ラミー
 ・亜麻(アマ科)  海外産=リネン

◎指定外の繊維
 ・大麻   (アサ科)
 ・サイザル麻(リュウゼツラン科)
 ・ジュート麻(シナノキ科)
 ・マニラ麻 (バショウ科)

…ということで、現在は、繊維の種類として、
大麻は「麻」の分類に入らない。
古来から、魔除けの意味を持つ、麻の葉模様。

大人の事情があるそうですね。ややこしい。

私たちが、着る物の麻は、苧麻か亜麻であること。
機械の紡績になじむ素材として、残った理由。
だから、麻は張りがあって、涼しいと思っていたのでした。


yukkogi-6-4.jpg

ずっと、ナゾだったことが、ここで解けました。
内容の濃い情報をいただきました。
ありがとうございます。

大麻博物館の前で、記念写真。
スタッフさん、Kさん、Mさん、やすこ、深大寺さん。

良き仲間との旅は、気楽で濃厚で、満腹になります。
みなさん、どうもありがとう〜!


yukkogi-6-5.jpg

Mさんと別れて、連休渋滞をくぐり抜けて、帰路へ。
スカイツリーが浮かぶ、東京を通り抜け。
家まで送ってもらい、深大寺さん、Kさん、ありがとぅ〜。

昭和村のからむし(苧麻)から、大麻まで、
ゆっこぎを作るキッカケが、麻の世界を深める旅になりました。

今まで1人で、文献や屏風絵から模索して、製作していたタッツケ袴。
ゆっこぎの裁縫をみて、今まで見た、たくさんの資料と繋がりました。

紙面の幻を、くっきりと浮き彫りにできました。
今まで製作したタッツケ袴は、ほぼ正確に再現できていたこと。
手応えを実感しています。

形は変わっても、まだ、暮らしに根付いて残っていること。
それを、直接に習えるチャンスを得たこと。
1人では、成し得ないことだらけでした。

改めて、今回、ご一緒した仲間へ。
講習会の準備と、指導をして下さった方へ。
ゆっこぎを、江戸時代から今へ、伝え続けた、昭和村の先人へ。
おかげさまです。深く感謝しています。

日本の知恵に出逢うと、いつも思います。

知恵を分けてもらうことは、それを活かしていく役目を頂くこと。
バトンを受け取ること。
次へと伝えていくこと。

バトンを、ありがたく、楽しませていただきます。

日本って、素晴らしい所だね。
日本人って、たくましいね。

長い旅の話に、お付き合いくださり、ありがとうございました。


小袖ワークショップ 受付中

 ◎ 暮来月 12/7 (土)pm1:30~3:30

  横浜 元町・ステラハウスにて

 ◎ 初空月 2014年 1/26(日)

  pm1:00~3:00

  東京 西荻窪・ほびっと村にて



  


  



楽チンな着物、ゆったりした小袖の試着を、手ぶらで楽しくできます♪ 
◆ WS♪参加者の声
◆ WSお申し込みは(^^)こちら


小袖生活ちくちく教室

 横浜にて開催中


  


小袖を着るアイテムを、手ぬいする教室です。
暮らしの中で、お惣菜のようなホッとする着物・小袖を、縫ってみませんか?
◆ お問合せは(^^)こちら
関連記事
<キーワード>

Tag: 旅  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
ようこそ小袖生活へ

* サイトマップ *

プロフィール

小袖生活案内人 吉房泰子

Author:小袖生活案内人 吉房泰子
江戸の人が着てた普段着の着物
小袖で楽しく暮らしています。
 ◯小袖をご存知ですか?
 ◯なぜ小袖生活を始めたのか?
 ◯小袖WS・参加者の声






開催情報

 


2/24(月祝)大倉山_空席

3/20(金祝)名古屋_空席new

3/24(火)大倉山_空席

 

◆小袖生活・着方ワークショップ
縫う教室・受付中

3/14(土)関内_空席ありnew

3/28(土)関内_空席ありnew

袋小物,刺し子ふきんコースター

ふんどしパンツ,あずま袋,らせん袋など

 

次回は5〜8月、連続講座

 

横浜_木曜_月2回_2席

横浜_土曜_満席

 

名古屋_金曜_月1回_4席

名古屋クラス詳細
人気記事
新着記事一覧
【Q&A】小袖教室で手持ちの着物を小袖に縫えますか?着物リメイクの判断 2020/02/05
◆Happy New Year 2020 新しい私を始めましょう 2020/01/08
【お知らせ】2019~2020年、年末年始お休み・くさのめ工房 2019/12/21
◆足踏みミシンの出張点検に来てもらいました 2019/12/07
【カフェ】12/8お散歩小袖カフェ・足袋の町@行田へ行きましょう 2019/11/25
◆酉の市・横浜橋で、イヨ~ヨヨヨイ良い!/祝1000記事記念 2019/11/09
◆台風の前と後/袴コーディネート・庭仕事と重ね着秋コーデ 2019/10/16
【小袖WS感想】小袖を着ただけで初対面でも落ち着いて話できると驚いてます 2019/10/15
【お知らせ】10/12講座と教室、台風の影響で休講します 2019/10/10
◆台風に備え停電対策ソーラーライト電球型ランタンと鍋炊きご飯 2019/10/09

        * サイトマップ *

カレンダー/since2012
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
読者になってね
アルバム
QRコード
QR
アクセスカウンター