◆小袖は近い将来自分の服になると確信

ws14-10-1.jpg

少し低い声が出るようになった、小袖生活 案内人やすこです。
まだエヘン虫が居座って、咳き込むし、
コンサートやイベントは、参加できない連休でした。

さて、10月の小袖ワークショップのご報告。

Kさんは、着物をお仕事で扱うため、歴史に詳しい方です。
出だしから、専門的な言葉が飛び交いました。
私も知らない言葉が出て、びっくり。

あぐら立て膝も、中世の女性の在り方も。
話すそばから「そう!そう!」と共感の嵐。
おもいっきり、中世や江戸の話で盛り上がりました。

Kさんのご感想です。

ーーーーーー
◆ 参加の前は、どんな気持ちでしたか?

仕事で戦国時代のことを調べ始めたのが、そもそも小袖との出会いでした。
まず、まだ正座をしない時代、という事実に驚き、それが当然だった時代の装束や
女性の生活、中世日本の習慣などに触れ、どんどん歴史にハマっていきました(笑)

その中でも特に小袖!
あぐらや立膝が、フォーマルな場でも普通だったという中世の日本女性の生活は
現代からすると驚くようなお行儀で、そして相当にラクチンそうで、こういう着物なら
着てみたいと思うようになりました。

前からキモノ生活というものに憧れはあったのですが、自宅作業の多い私の仕事では
現代の着物はキレイすぎ・キマリすぎです…。
(見る分にはどなたもカッコいいのでなおさら!)
毎日気楽に着て、お出かけも楽しめる着方がしたいとずっと思ってました。

最初、買いたいと思ってネットで検索しましたが、どこにも売っていません…。
なら縫うしかないのか…と「小袖 作り方」で検索したら、
こちらのサイトがTOPに現れました。
お問い合わせさせて頂き、まずは試着からとWSにお誘い頂きました。

ついに小袖を着れる!と、非常に楽しみにしていました。



ws14-10-2.jpg

「こんな格好をしてますよね」と屏風絵の小袖ポーズ

◆参加した後、心に残ったことは、どんなことですか?

あこがれの小袖は、想像以上の感動的な出会いでした!
本やネットで見た知識しかなかったので、実際に体験してみると全然違います。
ウエストにゴムの入ったパンツやスカートはどなたも普通に着ると思いますが
それと同じくらいのラクさ、いや、もっと楽かもしれません。
身幅にゆとりがあり、着物の中で身体(全身!)が泳ぐ体験は非常に快感です。
あぐらも余裕です。しかも着崩れません。

これはもう、近い将来自分の服になることは決定だと確信しました。
現在は気もそぞろにネットで生地屋さんのサイトを物色しまくり、仕事が進みません…。


◆講師へ、メッセージをどうぞ。

今回は一人参加の中、お手間をおかけして恐縮です。
ありがとうございました。

まず、お会いした先生のお姿からして不思議な雰囲気がありました。
全身のシルエットが現代着物とまるで別物ですし、腰帯だから男物?
いや、よく見るとそうではない…?
先生が通行人からやたら声をかけられてしまうのも解ります。

そして日頃、現代着物だけならともかく小袖の話となると、
そんなに聞いたり話したりする機会はないので、講座のすべてをとても楽しく体験しました。
長々と話し込んでしまい、たいへん失礼しました…。

一日も早く、縫製のほうのお教室にお邪魔したいと思っております。
今後とも、よろしくお願いいたします。
ーーーーーーー


絵の中の姿を、現実に体験した喜び。
ご感想も、ワクワクの気持ちが一杯ですね。

ご都合により、お顔出しはNG。
そのために、不思議な被り物を、Kさんは用意してました。
来る前から本当に楽しみにしていたんですね。
ありがとうございます。嬉しいです。

被り物は、さすがに、エキサイティングなので、ご遠慮させて頂きました。
なかなかパワフルな姿で、ハロウィンのコスプレなら面白い〜。

また、小袖を縫いたい方が増えて、嬉しいです。
現在は、月1クラスですが、そのうちクラスの数も、増えていくのかな?

今月の小袖ワークショップは、西荻窪ほびっと村です。
小袖体験と着物のおしゃべり、ご一緒しましょう。
お会いするのを、楽しみにしています。

● 小袖ワークショップ・楽ちん着物
11月23日(日) 東京・ほびっと村 New

 ◆パソコンから お申込み
 ◆携帯から お申込み

なぜ私が小袖WSを始めようと思ったのか?
⇒この言葉でWSを始めました

 ◆ WS 内 容
 ◆ 参 加 者 の 声

● ふんどし型パンツを作ろう
 手縫いちくちく教室
11月 横浜 調整中
12月14日(日)東京・ほびっと村

 ◆ 申込み / お問合せ


小袖生活 案内人 吉房 泰子でした。
tweet-logo-7.png

◯Twitter始めました




*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*

● 小袖生活ちくちく教室
小袖アイテムが作れます。随時・受付中

 横浜・関内 第2・4(土)
 ◆ 教室の内容
 ◆ 受講者のご感想
 ◆ パソコンから お問い合せ
 ◆ 携帯から お問い合せ

*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*
関連記事

Tag: 小袖WS体験の声  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
ようこそ小袖生活へ

◯年末年始お休み←詳細

12/23(日)〜1/7(月)


* サイトマップ *

プロフィール

小袖生活案内人 吉房泰子

Author:小袖生活案内人 吉房泰子
江戸の人が着てた普段着の着物
小袖で楽しく暮らしています。
 ◯小袖をご存知ですか?
 ◯なぜ小袖生活を始めたのか?
 ◯小袖WS・参加者の声






開催情報

2019/1/27(日)

名古屋_空席ありnew


2019年1/18(金)

横浜大倉山_空席あり

2019/1/27(日)

名古屋_ new

名古屋企画ご案内

 

 

木曜_月1回1席

土曜_月2回1席

 

◆小袖生活・着方ワークショップ

 

人気記事
新着記事一覧
◆畳縁テープ手作りバッグ/シンプルなA4サイズ 2019/01/16
◆中華街おいしい水餃子・山東/横浜散歩 2019/01/12
◆イスラエル人も大喜び!ひもトレinバンコク海外ひもトレ講座 2019/01/12
◆着物で運転できるの?僧衣で運転で交通違反キップ福井の件を考える 2019/01/11
◆和風ダウンジャケット綿入れ半纏/櫛巻きヘアアレンジ② 2019/01/11
【業務連絡】1/18小袖ワークショップへお申し込みS様へ 2019/01/10
◆浮世絵の髪型を真似してみた/櫛巻きと鈴木春信 2019/01/09
◆バンコクから帰国しました/タイ北部の布で縫った小袖エピソード 2019/01/08
◆当たり前の変わらないものを大切にして 2019/01/01
◆刺し子小袖元年2018年に感謝 2018/12/31

        * サイトマップ *

カレンダー/since2012
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
読者になってね
アルバム
QRコード
QR
アクセスカウンター