● 夏に涼しい広袖コーディネート①広袖と小袖の違い

maniwa-15-25.jpg

7月小袖カフェ下駄屋見学は、楽しんでいただきました。
ご報告は、のちほど…

さて、岡山の旅・番外編。
念願の広袖コーディネート①

7月の岡山の旅は、
着物生活している友達と、
楽しい久しぶりの再会でした。

【岡山1】映画の舞台お城のような広兼邸/吹屋
【岡山2】ピンク色のベンガラの町・吹屋街道に映える着物姿
【岡山3】酒蔵の宿 旧仲田邸くらやしき/高梁郷土の風呂敷物語
【岡山4】真庭に出没・熊より珍しい着物一族

この旅の前日まで、新作を縫い、
ギリギリに仕上げました。
帯も新作〜。

それは、ナゼかというと、

小袖の先輩・勝部さんや、
着物の自由派・深大寺さんたちと一緒に、
中世への考察をしたかったから。

nuno-g-koshi-15-7.jpg

広袖半着に使った布は、
両面を使える布です。
これを見つけ、数年来のデザインが完成しました。

デザイン優先で素敵だけど、これが縫いにくい。
まだ、もう一枚あるのよね。あはは…

hirosode-1-2.jpg

さてさて、本題。
小袖と広袖は「袖口」の形が違います。

「広袖」袖口は縫わずに輪のまま
「小袖」手が出る所を残して縫う

小袖と出逢ってから、
作りたかった広袖。
屏風絵にある、豊富な袖の種類のひとつ。
今は、ほとんど見かけません。

ところが、ある所にはある!

nishimonai-bon-dance-1.jpg

私が、少しだけ習った、中世から伝わる盆踊り。
秋田の「西馬音内盆踊り」(にしもない)

この浴衣は、袖に特徴があります。
構造は、広袖です。

違う踊りが目的で習ったんですが、
やったー!と大喜び。
広袖の実物と出逢えた!

衣装は、自分で用意します。
先輩の衣装を参考に、
見よう見マネで、自分で縫いました。

好奇心で動いて、出逢うものですね。
この時から、デザインを温めてました。

hirosode-1-1.jpg

あれから、4年。
その時のイメージを元にして、
今回のコーディネート。

400年前の小袖と同様のゆったりサイズ
茶色の中世・広袖の下に、
緑色の広袖・半着を着ます。

袖口を折り返すと、
下の半着の色が、きれいに見えます。

これをやりたかった〜!
とっても満足!

着物って、袖をまくり上げられないと思ってたけど、
これなら、袖の長さを自由に変えられますね。

それに、広袖は風が通るから、
夏は、とっても涼しい〜!

実はこれ。
今でも残っているデザインです。












そう、沖縄の着物・芭蕉布。
琉裝(りゅうそう)は広袖です。

勝部さんたちと、広袖の話も楽しかった。
皆さん着物の先輩なので、
中世や着物の原型について、よく知ってる方ばかり。

お互いに共通しているのは、
資料・論文ではなく、
着て暮らすことから見えるものを、大切にする。

いや〜、メンバーがすごくて、
手応え感じて勉強になりました。

試作していって、良かった。
ありがとうございました。

この旅で、また夢を果たしました。

・勝部さんへ、小袖を着て会いにいく。
・広袖のデザインを着て、考察を話し合う。

そして、もう1つ、やりたかったこと。
これも、ミラクルが重なって、実現しました。
長くなったので、次回へ続きます。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

<着る> 小袖ワークショップ
開催案内はこちら  お申し込みはこちら
 7/26(日)東京・西荻窪 残2席
 9/27(日)東京・西荻窪 空席あり

<話す> 小袖カフェ
開催案内はこちら  お申し込みはこちら
8月お休み
9月調整中

<作る> ふんどし型パンツ あずま袋 手縫い教室
開催案内はこちら  お申し込みはこちら
 9/12(土)横浜・関内 空席あり

<作る> 小袖生活ちくちく教室
教室詳細はこちら  お問合せはこちら
 横浜・関内
 新(木)クラス 満席
  (土)クラス 空席あり

<話す> 共感ガーデン・思いやりコミュニケーション
練習会詳細はこちら  お問合せはこちら
横浜・上大岡
 8/20(木)空席あり


小袖生活 案内人 吉房 泰子でした。





*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

良かったら また読みにきてね
ブログの最新情報が届いて アクセスが簡単になります。

関連記事
<キーワード>

Tag: コーディネート  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
ようこそ小袖生活へ

* サイトマップ *

プロフィール

小袖生活案内人 吉房泰子

Author:小袖生活案内人 吉房泰子
江戸の人が着てた普段着の着物
小袖で楽しく暮らしています。
 ◯小袖をご存知ですか?
 ◯なぜ小袖生活を始めたのか?
 ◯小袖WS・参加者の声






開催情報

5/17(金)名古屋_new

5/24(金)大倉山_new

5/25(土)関内_new

7/27(土)関内_new

 

5月〜8月_残2席

 

木曜_月1回・第2_1席

土曜_調整中

 

◆小袖生活・着方ワークショップ

 

人気記事
新着記事一覧
◆名古屋へ日帰り出張は着物で新幹線/国産小麦のカレーうどん 2019/05/18
◆着物はキチンと着ないと伝統じゃないの?リラックスする着方があります 2019/05/02
【名古屋】4月から小袖教室の名古屋クラスがスタートしました 2019/04/27
【残1席】5/11袴ちくちくワークショップ縫って着る連続講座/開催決定 2019/04/17
◆スリランカカレー・KANDY日本橋/一流シェフとパテシエの味に至福ランチ 2019/04/16
◆生きているうち日の暮れぬうち/今週は名古屋です 2019/04/15
◆明日4/13(土)ふんどしパンツあずま袋手縫い教室あります 2019/04/12
◆4人分の小袖試着のセットを洗濯/自分で洗える着物セット 2019/03/22
◆昭和レトロな看板のお店/どっちが時空を超えてるか?親子対決 2019/03/21
◆子供に伝えたい注射と歯医者が怖いを克服する方法/こぎん刺しキーホルダー 2019/03/20

        * サイトマップ *

カレンダー/since2012
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
読者になってね
アルバム
QRコード
QR
アクセスカウンター