◆高尾山を着物で歩く山ガール②インドと日本の神様は同じ

takao-15-8-6.jpg

前回の①に続き、高尾山ハイキング。

すれ違う登山者たちは、
樹の影から出た私を見て、
ビックリして固まってました。
驚かせてゴメンなさいね。

では、ハイキングのスタイルを、解説です。

【上半身】
・サラサラ綿麻の半着・筒袖
・半着の下には、ピンクしじら木綿キャミソール

どちらも、体に密着せず、
汗をかいても、すぐに乾きます。
脇の下の身八つ口の穴から、風が通り抜けます。

半着の袖は、筒袖なので、
袖の下に長い「袂・たもと」はありません。
だから樹や草に、引っかかりません。

【下半身】
・麻のタッツケ袴
その下は、サラサラ快適ふんどし型パンツ。

タッツケ袴は、膝から下が、
細くなっているのが特徴です。
樹や草に、引っかかりません。

歩く時も、足元がスッキリして、歩きやすい。

着物の袖は、色々な形があり、
袴も、色々な形があって、
TPOに合わせて、使い分けができます。

筒袖半着、タッツケ袴は、山ガールにおススメです。

takao-15-8-7.jpg

タッツケ袴を見た友達、
本格登山の経験者、Mさんは、
「腰回りもゆったりして、動きやすそうね。」と、
興味を持ってくれました。ありがとう。

その通りで、こんな風に、あぐらも楽チン。

これ、崖の際にある、大きな樹の切り株に座ってます。

一緒に歩いた、インド少年Rくんが、座ってた切り株。
私が交代して、あぐらをかいたら、
もう一度座った、Rくんは、
完璧なヨーガの蓮華座をしました。
さすが、ヨーガ5000年のインド〜!お見事!

takao-15-8-9.jpg

そのインド。
山のガイドと通訳したAさんが、
インド夫妻Sさん・Lさんへ、
石仏や琵琶滝などの由来を伝えました。

弁財天は、サラスバティの変化形。
大黒は、ガネーシャの変化形。
仙人はサドゥー、悟りはサマディ…。

インドがルーツの仏像が多いこと。
ヒンドゥー教に通じる話が多くて、
Lさんたちも驚いて、判りやすく喜んでました。

そして、この石仏は、高野山のカラス天狗。

Lさんが「インドにも、カラスの神がいるわ。」とびっくり。
同じように、背中に羽を背負っているそうです。
私たちも、教えてもらって、
さらにインドを近く感じました。

8/15だったので、みんなで平和への祈りもしました。
日本は終戦の日。
インドは独立記念日。

お互いの国の深い話を、シェアできたのも、
Aさんがインド好きのおかげです。ありがとう。

takao-15-8-10.jpg

「眼・耳・鼻・舌・身・意」六根清浄。
回す所も、マニ車みたいですね。

Aさんと英語でどう伝えるか話す中で、
「シックスセンスだ。」
「懺悔って、なんだろう?」
「新しく始める。ビギニングアニューだ。」

ビギニングアニューは、マインドフルネスの実践のひとつです。
今ここの、新しき始まり。

takao-15-8-8.jpg

最後には、お父さんSさんとRくんが、
手すりで遊んでたのをマネして、滑り台〜!

Aさんと後のRくん(未成年なのでクマに)
3人でインドの神様ごっこみたい〜!

良い子は、お寺でマネしないように。

たっぷりゲラゲラ笑って、
子供に還る、新しき始まりの?
高尾山の楽しいハイキングでした。

富士山のマインドフルネス・リトリートの帰りに、
瞑想の友達と一緒に、SさんLさん家族に出逢った奇跡。
心豊かな、夏休みでした。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

<作る> ふんどし型パンツ あずま袋 手縫い教室
開催案内はこちら  お申し込みはこちら
  9/12(土)横浜・関内 空席あり
 10/25(日)東京・西荻窪 空席あり


<着る> 小袖ワークショップ
開催案内はこちら  お申し込みはこちら
  9/27(日)東京・西荻窪 空席あり
 10/16(金)横浜・東神奈川 空席あり


<話す> 小袖カフェ
開催案内はこちら  お申し込みはこちら
8月お休み
9月調整中


<作る> 小袖生活ちくちく教室
教室詳細はこちら  お問合せはこちら
 横浜・関内
 新(木)クラス 満席
  (土)クラス 空席あり


小袖生活 案内人 吉房 泰子でした。





*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

良かったら また読みにきてね
ブログの最新情報が届いて アクセスが簡単になります。

関連記事
<キーワード>

Tag: 旅  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
ようこそ小袖生活へ

* サイトマップ *

プロフィール

小袖生活案内人 吉房泰子

Author:小袖生活案内人 吉房泰子
江戸の人が着てた普段着の着物
小袖で楽しく暮らしています。
 ◯小袖をご存知ですか?
 ◯なぜ小袖生活を始めたのか?
 ◯小袖WS・参加者の声






開催情報

2/17(日)浅草アミューズM_new

2/24(日)浅草アミューズM_new

3/17(日)名古屋_new

名古屋・詳細は近日ご案内


3/21(木祝)横浜大倉山_空席あり

3/17(日)名古屋_ new

名古屋・詳細は近日ご案内

3/9(土)関内_new

4/13(土)関内_new

 

次回は5月〜8月

 

木曜_満席

土曜_月1回1席

 

◆小袖生活・着方ワークショップ

2/15(金)開催しました

 

人気記事
新着記事一覧
◆昭和レトロな看板のお店/どっちが時空を超えてるか?親子対決 2019/03/21
◆子供に伝えたい注射と歯医者が怖いを克服する方法/こぎん刺しキーホルダー 2019/03/20
◆こぎん刺し初心者のドタバタライブ配信/アミューズミュージアム最期のチャンス! 2019/03/17
◆レモンで毎日レモネード!これは酸っぱくないんです 2019/03/16
◆作品が出来たらみんなでお祝い!珍しい着物を見れた木曜クラス3月 2019/03/15
【新設】4月開講!名古屋クラスが始まります/小袖生活ちくちく教室・ご案内 2019/03/13
【受講者を募集】小袖生活ちくちく教室(横浜)に空席ができました 2019/03/12
◆立ち止まることは弱さじゃない/小袖教室3月土曜クラス 2019/03/10
【お知らせ】仕事を徐々に再開します 2019/03/09
【お知らせ】しばらく休業します 2019/02/27

        * サイトマップ *

カレンダー/since2012
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
読者になってね
アルバム
QRコード
QR
アクセスカウンター