糸 まゆから絹へ

糸 まゆから1

今年の2月に、ご縁をいただき、貴重な体験をしました。
茨城県の研究所で、繭(まゆ)から絹糸をひく「座繰り」をさせていただきました。
研究所のAさんに、朝から一日、お世話になりました。

300頭の貴重なうつくしい繭を、おともだちと二人で、使わさせていただきました。
お蚕さんは、家畜として飼うので「匹」ではなく「頭(とう)」と数えるそうです。
Aさんは、研究者ならではの、行程の一つ一つの意味を、
とても丁寧に、教えてくださいました。


糸 まゆから2

お蚕さんの話は、何から何まで面白く、写真を撮り忘れました。
この写真は、去年の夏に行った、群馬・富岡製糸場で、プチ体験した時。

おともだちTさんは、民俗学・歴史や茨城の知識人&おもろい人です。
お二人の話題は、時空を超えた展開が、盛りだくさん。
地元の農家の暮らしや、養蚕の話、古事記に至るまで。
講師2人を、私は、独り占めだったかも。ぜいたく。

昼食の時間も、3人の話は、ヒートアップしっぱなし。
もちろん、手も、ノンストップです。くるくる。

夕方までかかり、ようやくすべての繭を、上質な生糸(きいと)にひきました。
朝から、丸一日、からだはクタクタです。
でも、爽快感と、充実感で、気分は極上。


糸 まゆから3

蚕を「おごさま(お蚕様)」と昔は呼んでいた気持ち。
家族同然に飼っていた、いのちから生まれた、貴重さ。
先人の、ていねいな生き方を、偲びました。

おともだちは、織物をしないからと、快く糸をくださいました。
この糸は、300頭分です。
着物一枚分には、3000頭分が、必要だそうです。
朝日に輝き、見ているだけで、天上の衣が、目に浮かびます。

小袖を着て、昔を偲びながら、座繰り。しあわせ。
ますます、絹の反物を見る目が、深く、愛しくなります。
Aさん、Tさん、研究所の方、ありがとうございました。

お蚕さんって、豊かだな。着物って、素晴らしいな。
関連記事

Tag: 糸・染・織  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
ようこそ小袖生活へ

* サイトマップ *

プロフィール

小袖生活案内人 吉房泰子

Author:小袖生活案内人 吉房泰子
江戸の人が着てた普段着の着物
小袖で楽しく暮らしています。
 ◯小袖をご存知ですか?
 ◯なぜ小袖生活を始めたのか?
 ◯小袖WS・参加者の声






開催情報

5/17(金)名古屋_new

5/24(金)大倉山_new

5/25(土)関内_new

7/27(土)関内_new

 

5月〜8月_残2席

 

木曜_月1回・第2_1席

土曜_調整中

 

◆小袖生活・着方ワークショップ

 

人気記事
新着記事一覧
◆名古屋へ日帰り出張は着物で新幹線/国産小麦のカレーうどん 2019/05/18
◆着物はキチンと着ないと伝統じゃないの?リラックスする着方があります 2019/05/02
【名古屋】4月から小袖教室の名古屋クラスがスタートしました 2019/04/27
【残1席】5/11袴ちくちくワークショップ縫って着る連続講座/開催決定 2019/04/17
◆スリランカカレー・KANDY日本橋/一流シェフとパテシエの味に至福ランチ 2019/04/16
◆生きているうち日の暮れぬうち/今週は名古屋です 2019/04/15
◆明日4/13(土)ふんどしパンツあずま袋手縫い教室あります 2019/04/12
◆4人分の小袖試着のセットを洗濯/自分で洗える着物セット 2019/03/22
◆昭和レトロな看板のお店/どっちが時空を超えてるか?親子対決 2019/03/21
◆子供に伝えたい注射と歯医者が怖いを克服する方法/こぎん刺しキーホルダー 2019/03/20

        * サイトマップ *

カレンダー/since2012
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
読者になってね
アルバム
QRコード
QR
アクセスカウンター