【Q&A】袴WSへ質問/布の柄はどんなものがいいの?

(準備しておいた記事を投稿します)

11/14から5回講座
袴ちくちくワークショップの参加者さんから、
質問がありました。

作ることは、実は素材選びから始まります。
ここも楽しさの一つ。

この質問は、大切な点を含んでいますので、
ブログに掲載させてもらいます。

Q)柄はどんなものでもでも、大丈夫でしょうか?

A)ご質問をありがとうございます。

この袴WSは、柄あわせの指導はありません。
講座は、全員に同時進行で行われます。
ご自分の技術に合わせて、ご判断ください。

洋裁と同じく、柄合わせの必要なものは、
とても手間がかかります。

初めて縫う作業の時間+柄合わせの時間=作業時間が少なくなる
慣れた人でも迷うと、手は止まり作業は進みません。

基本指導は、縫い方を覚えることに集中します。

時間内に作るためには、欲張らずにシンプルな柄がオススメです。

作り方を覚えた後で、ご自宅で応用にチャレンジ。
または、来年の再受講の時にチャレンジしてください。

《柄あわせについて・選び方》

◯ 初級向き…無地、たて縞、細かい柄

◯ 中級向き…よこ縞、チェック柄、たてにパターン柄(同じ柄が連続する)

◯ 自由派…柄あわせを気にせず作る(悩まず即決できる人のみ)

作ることは、実は素材選びから始まります。
素材選びは、経験が必要です。

私も初めてのデザインは、試行錯誤で時間がかかります。
その後で、適切な素材選びがわかってきます。

講座は、時間内に覚える。
メモする。
縫って作る。
宿題で次の工程へ準備する。

どなたにでも、楽しめる範囲で、
無理なく作っていただきたいです。

シンプルに講座を体験できると思います。

どんな袴姿になるか?
楽しみですね~。

ーーーーー
(準備しておいた記事を投稿します)


関連記事

Tag: 袴WSお知らせ  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
ようこそ小袖生活へ

* サイトマップ *

プロフィール

小袖生活案内人 吉房泰子

Author:小袖生活案内人 吉房泰子
江戸の人が着てた普段着の着物
小袖で楽しく暮らしています。
 ◯小袖をご存知ですか?
 ◯なぜ小袖生活を始めたのか?
 ◯小袖WS・参加者の声






開催情報

4/22(水)大倉山_空席

 

◆小袖生活・着方ワークショップ
縫う教室・受付中

3/28(土)関内_中止

4/11(土)関内_空席あり

マスク、袋小物、刺し子ふきんコースター、ふんどしパンツ、あずま袋、らせん袋

次回は5〜8月、連続講座

横浜_木曜_月2_1席、第4_1席

横浜_土曜_第2_1席

名古屋_金曜_月1回_4席

名古屋クラス詳細
人気記事
新着記事一覧
◆非日常でバランス保つ5つのヒント・手抜きレシピと小さな楽しみ 2020/05/18
◆ルールに安心する人・破る人・創造する人の普遍性/懐かしいCD 2020/05/03
◆綿入れ着物を知ってますか?四月一日の読み方と意味 2020/04/26
【動画】下腹部ポッコリ腹筋チャレンジ・着物スポーツ 2020/04/26
◆大倉山の会場へお礼・アンティーク刺し子半袖の着物 2020/04/24
◆自宅でできる坐禅会に参加・新しい試みを足す 2020/04/24
◆思い出のお稲荷さんを食べて元気で今日も良かった 2020/04/19
◆お盆とお膳の違いを知ってますか?お庭ご飯のお供/お昼寝タイム 2020/04/18
◆洋服の古着を使って半着をリメイク/着物の襟には隠れた秘密がある 2020/04/17
◆昭和のお母さんスタイル・赤と黒の着物コーディネート 2020/04/16

        * サイトマップ *

カレンダー/since2012
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アルバム
QRコード
QR
アクセスカウンター