土・炎 窯たき その1


  〜竜合窯にて〜 


陶芸家は、孤独だ。
一人、黙々と、長い時間が続く。
土や灰作り、練る、ろくろ引き、削りだし、、、
作っては、壊し、土に戻して、また作る。
ひたすら、自分と向き合う。

ところが、これが、窯焚きになると、一転する。
私は、自分のガス窯を、一人で焚いていたけれど、
時々、穴窯のお手伝いを、させてもらっていた。
穴窯は、土とレンガでできた、巨大なナマコ状の窯。

窯主さんを中心に、出逢った同志が、ひとときの家族になる。
6日間だけの大家族。
出入りも含めると、6〜10人。延べ20人になる時もある。

台所と窯たきと、両方の切り盛りのサポート。
連係プレーもとても大切。
ごはんは、みんなの一番の楽しみだから。

炎と向き合う、年に一度の、大イベント。

薪を運ぶのは、バケツリレーで、全員並んで、ホイホイと渡すと、早い早い!
もう声かけだって、遠慮していられない。
初対面なんて、年令なんて、関係ない。

頼み頼まれる中で、お互いに、技量を、探りあう。尊重しあう。
短時間で、わかっていくために、どんどんつながる。
私から、声かけていく。

はじまりは、窯の火入れ。
神聖な気持ちで、整列し、心をひとつにする。

これから、昼夜3交代制での、炎の固まりとの、ガチンコの時間が始まる。
私は、この細いからだで、いつも志願するのは、夜の当番。
夜12時〜朝8時まで。
とはいっても、結局、ほとんど仮眠3〜4時間以外は、ずっと窯のそばにいる。
昼のみんなのたわいもない話を、疲れたからだで、ボ〜ッと聞いているのが好き。

夜は、長い時間、2人で静かに窯番をする。
15分おきに、薪をくべる。
薪のはぜる音と、風の音、どこかで動物の動く気配。
昼よりも、炎の色が、周りの闇との対比で、さらに美しくなる。
このまま、ずっとずっと、この夜の時間の中に、浸っていたい。
関連記事

Tag: 土・炎・空  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
ようこそ小袖生活へ

* サイトマップ *

プロフィール

小袖生活案内人 吉房泰子

Author:小袖生活案内人 吉房泰子
江戸の人が着てた普段着の着物
小袖で楽しく暮らしています。
 ◯小袖をご存知ですか?
 ◯なぜ小袖生活を始めたのか?
 ◯小袖WS・参加者の声






開催情報

11/15(金)名古屋_空席new

11/26(火)大倉山_空席new

 

◆小袖生活・着方ワークショップ
縫う教室・受付中

10/12(土)関内_空席ありnew

袋小物,刺し子ふきんコースター

ふんどしパンツ,あずま袋,らせん袋など

 

11/9(土)〜2月・連続講座

受付終了・次回は来年予定

 

横浜_木曜_月2回_2席

横浜_土曜_月1回_1席

 

名古屋_金曜_月1回_4席

名古屋クラス詳細
人気記事
新着記事一覧
◆酉の市・横浜橋で、イヨ~ヨヨヨイ良い!/祝1000記事記念 2019/11/09
◆台風の前と後/袴コーディネート・庭仕事と重ね着秋コーデ 2019/10/16
【小袖WS感想】小袖を着ただけで初対面でも落ち着いて話できると驚いてます 2019/10/15
【お知らせ】10/12講座と教室、台風の影響で休講します 2019/10/10
◆台風に備え停電対策ソーラーライト電球型ランタンと鍋炊きご飯 2019/10/09
◆歩く瞑想と小袖シルエット 2019/10/06
【名古屋クラス感想】リアルな教室で習う意味は同じ空間で見て覚える大切さ 2019/09/23
◆無印良品の袴を見たマニアックな感想です。袴人 2019/09/19
【受付開始】11/9~ 第9回 袴ちくちくワークショップ縫う着る連続講座 2019/09/15
【事務連絡】お申し込みメールのお願い・ドコモ携帯からの場合について 2019/09/13

        * サイトマップ *

カレンダー/since2012
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
読者になってね
アルバム
QRコード
QR
アクセスカウンター