土・炎 窯たき その4

kamataki-04-1.png
  〜竜合窯にて〜


やがて、窯主さんの「これで、えぇでしょ」の声で、次の薪くべで、ラストだと知る。
恍惚の時間との別れ。窯を閉じてしまう。
いよいよ、最後のおおくべ。

下の焚き口でも、大量の薪が用意される。
私のいる、上の脇の焚き口でも、大量の薪が、積まれる。
準備が整ったら、上脇の私から、最後の薪入れ。

2束を超えても、薪を入れていくと。
さっきまでの龍舌の炎よりも、
さらにさらに、暑い熱線の炎が出ずっぱりになる。

二重の軍手に革手袋をした手が、熱くて痛くなってくる。
てぬぐいを巻いた顔も、痛い。
ひるまずに、薪を入れる空間が、薪で埋め尽くされるまで、入れる。
周りにある、器に触れないように、冷静にくべていく。

1時間の疲れなど、軽々と超え切って、からだは、なぜか軽くなる。
炎の中で、薪がどんどんと、山と高く積み重なっていく。

赤々とガラスの固まりのように熱した器たちの輝きに、薪の影が映る。
この一瞬の輝きの中に、この数日間の大量の薪のエネルギーが、詰まっている。
窯主さんをはじめ、大家族のみんなの気迫が、注ぎ込まれている。

もう、これ以上、空間に薪が入らなくなり、上の脇口を閉じる。
下の焚き口では、最後の全員総出で、入れ替わりに薪の投入。

もう、みんな、ナチュラルハイ!
ポイポイ、きびきび!列になって、ぐるぐると、人も薪も回りだす。
いつのまにか、こころの躍動が、みんなに伝わって、ダンスをしているかように。
だれかが、薪を入れそこなって落としても、笑顔がこぼれる。笑いが起こる。

そして準備しておいた「モルタルを持ってきて」の声で、焚き口を閉じる。
総出で、あらゆる穴を、一斉に塞いでゆき、皆が無口になる。
モルタルを、窯めがけて投げつける湿った音と、静寂が、すべてをつつむ。

さっきまで、辺り一面に漂っていた、窯の妖気と、仲間のほがらかさ。
それが、内に渾々とマグマをたたえた、窯の霊気だけに変わる。
初日は、窯の周りに、圧倒されるほどに、ぎっしりと積まれていた薪が、
すべて窯に、飲み込まれて、消え去っていった。
辺りは、がらんとして、しずかに風が通り抜けていく。
関連記事

Tag: 土・炎・空  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
ようこそ小袖生活へ

* サイトマップ *

プロフィール

小袖生活案内人 吉房泰子

Author:小袖生活案内人 吉房泰子
江戸の人が着てた普段着の着物
小袖で楽しく暮らしています。
 ◯小袖をご存知ですか?
 ◯なぜ小袖生活を始めたのか?
 ◯小袖WS・参加者の声






開催情報

11/15(金)名古屋_空席new

11/26(火)大倉山_空席new

 

◆小袖生活・着方ワークショップ
縫う教室・受付中

10/12(土)関内_空席ありnew

袋小物,刺し子ふきんコースター

ふんどしパンツ,あずま袋,らせん袋など

 

11/9(土)〜2月・連続講座

受付終了・次回は来年予定

 

横浜_木曜_月2回_2席

横浜_土曜_月1回_1席

 

名古屋_金曜_月1回_4席

名古屋クラス詳細
人気記事
新着記事一覧
◆酉の市・横浜橋で、イヨ~ヨヨヨイ良い!/祝1000記事記念 2019/11/09
◆台風の前と後/袴コーディネート・庭仕事と重ね着秋コーデ 2019/10/16
【小袖WS感想】小袖を着ただけで初対面でも落ち着いて話できると驚いてます 2019/10/15
【お知らせ】10/12講座と教室、台風の影響で休講します 2019/10/10
◆台風に備え停電対策ソーラーライト電球型ランタンと鍋炊きご飯 2019/10/09
◆歩く瞑想と小袖シルエット 2019/10/06
【名古屋クラス感想】リアルな教室で習う意味は同じ空間で見て覚える大切さ 2019/09/23
◆無印良品の袴を見たマニアックな感想です。袴人 2019/09/19
【受付開始】11/9~ 第9回 袴ちくちくワークショップ縫う着る連続講座 2019/09/15
【事務連絡】お申し込みメールのお願い・ドコモ携帯からの場合について 2019/09/13

        * サイトマップ *

カレンダー/since2012
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
読者になってね
アルバム
QRコード
QR
アクセスカウンター