土・炎 窯たき 最終日

窯たき 究極の名人
  今まで出逢った中で
  一番の窯たき名人「ムサシ」

「お疲れさまでした。お茶でも飲みましょう。」
台所組のさわやかな声で、安堵と達成感が、一気に押し寄せてくる。
このからだの重みを、やっと感じる。

窯焚きだけに集った仲間と、最後のお茶のひととき。
みんなが、少し間を取りながら、とつとつと、想いを語る。
夜通し語り合って、人生や悩み話まで、共有しあえた人たち。
炎を囲むと、人はだれでも、こころが裸になる。

一杯のお茶を、もう一杯と、名残を惜しみながら。
やがて、一人、また、ひとりと帰ってゆく。

みんなが去った後、小さな灯りの下で、窯主さん夫妻との3人での夕飯。
もう話すことがないようでいて、話しは溢れるほどに、すでに家族なのだった。
みんながいた余韻が、暗がりのソコかしこに、確かにある。

翌朝、帰る前に、もう一度、窯に逢いにいく。
ひっそりと窯だけが、横たわっている。

素手で触れると、まだまだ熱い。
土の固まりの窯が、まるで、脈を打っているかのように感じる。
そこには、人はだれもいない。
でも、確かな生き物の気配がある。

大きなナマコ型の土の固まりの窯。
内に、たくさんの器を、身ごもって、そこに横たわっている。
波が引いていくように、やがて、この温もりも、冷たい土の固まりに還っていく。

初めて、私が、夜の窯と向き合ったのは、18才。
それから、約20年。土と炎との日々だった。

幾度、向き合っても、窯との情感は尽きない。
その情感を、味わう仕事から離れても、
この空間は、炎の恍惚と、いつも、つながっている。
静寂のしじまに。

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

5回に渡り、窯たきへの想いを、つづりました。
離れてみて、やっと、言葉になりました。
事情があって、作陶をしていませんが、
貧しいながらも、こころは豊かで、幸せな時間だったと思います。
読んでくださり、ありがとうございました。
布や、小袖との日々も、また、つづっていきますね。おたのしみに〜。
関連記事

Tag: 土・炎・空  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
ようこそ小袖生活へ

* サイトマップ *

プロフィール

小袖生活案内人 吉房泰子

Author:小袖生活案内人 吉房泰子
江戸の人が着てた普段着の着物
小袖で楽しく暮らしています。
 ◯小袖をご存知ですか?
 ◯なぜ小袖生活を始めたのか?
 ◯小袖WS・参加者の声






開催情報

11/15(金)名古屋_空席new

11/26(火)大倉山_空席new

 

◆小袖生活・着方ワークショップ
縫う教室・受付中

10/12(土)関内_空席ありnew

袋小物,刺し子ふきんコースター

ふんどしパンツ,あずま袋,らせん袋など

 

11/9(土)〜2月・連続講座

受付終了・次回は来年予定

 

横浜_木曜_月2回_2席

横浜_土曜_月1回_1席

 

名古屋_金曜_月1回_4席

名古屋クラス詳細
人気記事
新着記事一覧
◆酉の市・横浜橋で、イヨ~ヨヨヨイ良い!/祝1000記事記念 2019/11/09
◆台風の前と後/袴コーディネート・庭仕事と重ね着秋コーデ 2019/10/16
【小袖WS感想】小袖を着ただけで初対面でも落ち着いて話できると驚いてます 2019/10/15
【お知らせ】10/12講座と教室、台風の影響で休講します 2019/10/10
◆台風に備え停電対策ソーラーライト電球型ランタンと鍋炊きご飯 2019/10/09
◆歩く瞑想と小袖シルエット 2019/10/06
【名古屋クラス感想】リアルな教室で習う意味は同じ空間で見て覚える大切さ 2019/09/23
◆無印良品の袴を見たマニアックな感想です。袴人 2019/09/19
【受付開始】11/9~ 第9回 袴ちくちくワークショップ縫う着る連続講座 2019/09/15
【事務連絡】お申し込みメールのお願い・ドコモ携帯からの場合について 2019/09/13

        * サイトマップ *

カレンダー/since2012
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
読者になってね
アルバム
QRコード
QR
アクセスカウンター