【袴WS感想】可愛いおしゃれエコでミニマム経済的!和の服の魅力の深さ



去年11月から今年2月にかけて開催した、
袴ちくちくワークショップ教室のご感想です。

袴を縫って、袴の着方まで、体験できます。
着物を解いて、新しく袴にリメイク。
再受講の枠も追加しました。

さて、どんな体験だったでしょうか?

Nさんのご感想です。
ご感想と写真の掲載へ、ご協力をありがとうございます。

h-ws-15-n1.jpg

Nさんの使う布は、
小さくて着れないという、解く前の着物です。

ーーーーーーー   

◆ 参加の前は、どんなことを知りたかったですか?

何もわからない真っさらな状態で特になかったです。
ただただ、ホームページのお写真での
泰子先生の自然体さがかっこよすぎて
タッツケ袴に憧れており、勢いよく参加しました。

◆参加した後、どんな発見がありましたか?

□ 縫い方
パーツの数や形に驚きました。
その上で実際の袴を手にとらせていただき
まじまじ見ても、何がどうなってこうなったのか
全くイメージができなくて不安でした。

作業的には宿題がメインなので、
小袖教室に通い始めて間もない私にはついていけないかも!?

家で一人でできるか!?と毎回思いましたが、
縫い進めるごと次第に理解ができ、
最終的には何とでもできるようになりました~

泰子先生のご説明とレジュメ、
更には進めていくうちに気づく
先人の知恵に誘導されていったように思います。

今回ここをこうしたらこうだったから、
次回はもうちょっとこここうして作ってみようかな、と
想像して考えられるまでに成長できました。

パーツが多い分応用も効きやすいのが
袴作りの魅力だとも気づきました。

自分の暮らしの中での動きに合わせて応用して、
自分の形に作れるなんて本当にすごい。
世界に誇れる日本のズボンだと思いました。

h-ws-15-n2.jpg

□ 着方
腰周りが帯や紐でぐるぐるしてるイメージはありましたが、
想像とは違ってもたつく訳でもなく、
むしろ下半身が強化されたかのように
地に足が着いた感覚になって楽しいです。

ぱつぱつな気がして不安だった脚絆のように
吸い付くふくらはぎ周りもなるほど楽ちん、
腰周りも安定して身体が軽くなり驚きました。

今回一番印象的だったのは、
皆がお互いの袴の出来上がりを見て
可愛い可愛いと褒め讃え合ったことです。

本当、どなたの袴も自分の袴も
最高に可愛いくて素敵に仕上がりました。

お披露目でおのおの半着や浴衣を
合わせた時に思ったのですが、
洋服とは比べものにならないほど
コーディネートが自由だなと思ったんです。

上衣、帯、袴
色味も柄も、洋服ではありえない取り合わせでも
不思議としっくり、たちまちおしゃれ。

洋装と違って流行り廃りのほぼない和装の中でも、
流行り廃りなんて関係ない日本の暮らしの服です。

なにを合わせても可愛いくおしゃれに仕上がるなんて、
なんてエコでミニマムで経済的~
和の服の魅力の深さを感じました。

h-ws-15-n3.jpg

□ 泰子先生
普段のゆったり動かれる泰子先生とまた違い、
タッツケ袴でアクティブに動かれる
泰子先生を初めて拝見して
密かに感動してしまいました。

持って生まれたものもおありなのでしょうが、
身軽で安定感のある身体感覚、
小袖と袴の生活で養われたものなのだとしたら…!

私もこれからもっと自由に動けるようになれるのかも~!と
ワクワクしました。
これからが楽しみで仕方がなくなりました!

□ご一緒させていただいた皆様
工夫やアイディアが素晴らしくって、
自分とは違う視点にはっとすることが多く、
初心者の私はとても勉強になり、
更には可愛いもの、素敵なものを
たくさん共有できて視野をぐーんと広げていただきました。

皆様のお陰で一部始終楽しかったです。
またご一緒できたらと思います。

◆完成した袴を着て、どんなことをしたいですか?

小袖教室で半着を完成できたら、まずは旅行に行きたいです。
とても気持ち良さそう~
疲れなさそう~

いつかは先生のように、小袖や袴で暮らしを楽しみたいです。
なんでもできそうな気がします!

◆講師へ、メッセージをどうぞ。

いずれは自ら調べてでもなんとか作ってみたいと思っていた
憧れのタッツケ袴でしたが、まさかこんなに早く、
しかも教えていただいて作れる機会が訪れるなんて
思ってもみなかったので興奮しました。

大変お忙しい中機会を作ってくださった先生、
袴を作りたいとおっしゃった先輩方にも感謝しています。
それくらい貴重で有難いクラスでした。

たくさんの民俗的なお話も貴重でたまりませんでした。
また、泰子先生がとても楽しそうに
クラスを組み立てておられたお姿が印象的で、
それだけで幸せな気持ちになりました!
ありがとうございました~!

ーーーーーーーー


たくさんの思いと学びが、溢れた感想を、
ありがとうございます。

色んなことを、受け取ってもらえた手応えを、
私も感じるご感想です。

喜んでもらえる講座を、開催できて嬉しいです。

そして、自分で作った袴と半着で、
旅行に行くのは、楽しみですね。
また、そのお話も聞かせてくださいね。

縫って着るまでを、一つにまとめた講座。
袴ちくちくワークショップ。

次回は、5月~8月の開催です。
この機会に袴を作って、着てみましょう!

現在すでに、お申し込みがあります。
詳細とお申し込みは、こちらです。

<作る 着る> 袴ちくちくワークショップ
5/14(土)~6回講座 横浜・関内 受付してます
開催案内はこちら  お申し込みはこちら

手持ちの着物が変身します。
あなたは、袴を着て、何をしますか?


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


<着る> 小袖ワークショップ 基本
4/15(金)横浜・東神奈川 空席あり
5/29(日)東京・西荻窪 空席あり
開催案内はこちら  お申し込みはこちら


<着る> 小袖生活・着方ワークショップ 応用もあります
開催の様子、ご感想  


<作る> 小袖生活ちくちく教室 
マイ小袖の制作教室 横浜・関内
木曜クラス
土曜クラス 空1席
教室詳細はこちら  お問合せはこちら


<作る> ふんどし型パンツ あずま袋 手縫い教室
4/24(日)西荻窪 ほびっと村
5/28(土)横浜・関内
開催案内はこちら  お申し込みはこちら








関連記事

Tag: 袴WS作品と感想  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
ようこそ小袖生活へ

* サイトマップ *

プロフィール

小袖生活案内人 吉房泰子

Author:小袖生活案内人 吉房泰子
江戸の人が着てた普段着の着物
小袖で楽しく暮らしています。
 ◯小袖をご存知ですか?
 ◯なぜ小袖生活を始めたのか?
 ◯小袖WS・参加者の声






開催情報

6/28(金)大倉山_空席あり

7/19(金)名古屋_new

7/23(火)大倉山_空席あり

 

◆小袖生活・着方ワークショップ
縫う教室・受付中

7/27(土)関内_空席あり

ふんどしパンツ、あずま袋、らせん袋

 

横浜_木曜_月2回_1席

_月1回・第2_1席

横浜_土曜_月2回_2席

 

名古屋_金曜_月1回_3席

名古屋クラス詳細

 

5月〜満席・次回は11月

 

人気記事
新着記事一覧
◆藍染の絞り片野元彦の仕事展を見に行ってきました/今日の小袖コーデ 2019/06/13
◆いつも着物なんですか?梅雨冷えのコーディネート 2019/06/12
◆公園でモバイル刺し子って気持ち良い!ちくちく瞑想 2019/05/21
◆名古屋へ日帰り出張は着物で新幹線/国産小麦のカレーうどん 2019/05/18
◆着物はキチンと着ないと伝統じゃないの?リラックスする着方があります 2019/05/02
【名古屋】4月から小袖教室の名古屋クラスがスタートしました 2019/04/27
【残1席】5/11袴ちくちくワークショップ縫って着る連続講座/開催決定 2019/04/17
◆スリランカカレー・KANDY日本橋/一流シェフとパテシエの味に至福ランチ 2019/04/16
◆生きているうち日の暮れぬうち/今週は名古屋です 2019/04/15
◆明日4/13(土)ふんどしパンツあずま袋手縫い教室あります 2019/04/12

        * サイトマップ *

カレンダー/since2012
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
読者になってね
アルバム
QRコード
QR
アクセスカウンター