着物のふれあい

ニラの花  〜 ニラの花 〜



私が、ずっと、従来のおはしょりのある着物を着ていた頃のこと。
紬など、普段着といわれる着物でも、簡単に着付けをして着ていました。
あまり、町で声をかけられたことは、ありませんでした。

「なにか、お稽古ごとですか?」
「どこか、お出かけですか?」など、たまに聞かれることはありました。
「いいえ、普段着です。」と応えると、会話は終わります。
ん〜、妙な空気でしたね。

友達も、汚すといけないからと、緊張してくれたり?気を使ってくれました。
丁寧なんだけれど、遠くに距離をとられているような。
なんだか、楽しんでいるのは、自分だけのようで、寂しかったです。
洋服と同じに、楽しんでいるのに、伝わらなくて、もどかしかった。

それが、小袖を着てからは、ビックリするぐらいに、ご親切をいただきます。
電車で、席を譲ってくださる方。続出〜!
カフェで、ドアを開けてお見送りしていただけたり。
バス停で、小袖をほめてくださる方。
すれ違い様に「粋ね〜!」「あら、かっこいい」と声があったり。

見守る眼が、あたたかいんです。
声をかけやすいようで、私もリラックスしていられます。
そして「いつも着物なんですか?」と聞かれることが、増えました。
ほがらかなお話が、はずんでいきます。

普段着の着物の気楽な感じが、伝わっている手応えがあります。
私の好きな小袖を、楽しんでいることで、人も楽しんでいる、よろこび。
私は元々、洋服の時にも、こんな感じで、気さくに話していました。
着物になっても、自分らしさが、そのまま人にも伝わるって、楽です。

ここに、ともに、生きている感じ。
そんなことを、お伝えしたいと思い、ワークショップをしています。
着物を、自分らしく楽しむ時間が、広がりますように。
小袖WSの申し込み、受付中です。お待ちしています。
関連記事

Tag:●着ること  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
ようこそ小袖生活へ

* サイトマップ *

プロフィール

小袖生活案内人 吉房泰子

Author:小袖生活案内人 吉房泰子
江戸の人が着てた普段着の着物
小袖で楽しく暮らしています。
 ◯小袖をご存知ですか?
 ◯なぜ小袖生活を始めたのか?
 ◯小袖WS・参加者の声






開催情報

 


2/24(月祝)大倉山_空席new

3/24(火)大倉山_空席new

 

◆小袖生活・着方ワークショップ
縫う教室・受付中

12/14(土)関内_空席あり

1/11(土)関内_空席ありnew

2/8(土)関内_空席ありnew

袋小物,刺し子ふきんコースター

ふんどしパンツ,あずま袋,らせん袋など

 

5〜8月、連続講座

次回は来年予定

 

横浜_木曜_月2回_2席

横浜_土曜_月1回_1席

 

名古屋_金曜_月1回_4席

名古屋クラス詳細
人気記事
新着記事一覧
◆Happy New Year 2020 新しい私を始めましょう 2020/01/08
【お知らせ】2019~2020年、年末年始お休み・くさのめ工房 2019/12/21
◆足踏みミシンの出張点検に来てもらいました 2019/12/07
【カフェ】12/8お散歩小袖カフェ・足袋の町@行田へ行きましょう 2019/11/25
◆酉の市・横浜橋で、イヨ~ヨヨヨイ良い!/祝1000記事記念 2019/11/09
◆台風の前と後/袴コーディネート・庭仕事と重ね着秋コーデ 2019/10/16
【小袖WS感想】小袖を着ただけで初対面でも落ち着いて話できると驚いてます 2019/10/15
【お知らせ】10/12講座と教室、台風の影響で休講します 2019/10/10
◆台風に備え停電対策ソーラーライト電球型ランタンと鍋炊きご飯 2019/10/09
◆歩く瞑想と小袖シルエット 2019/10/06

        * サイトマップ *

カレンダー/since2012
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
読者になってね
アルバム
QRコード
QR
アクセスカウンター