◆尺八を吹き歩く夕闇の下町/歩く瞑想



縁あって地無し尺八を鳴らす。

写真しか知らぬ祖父の尺八より、難しく不安定で鳴りにくい。
下手なうちはきれいな音が出ない分、雑味のある倍音が多い音。

音を鳴らしたいけど、不安定な倍音の音が心地いい。
下手な音に酔う、家で尺八で歩く瞑想。

6月初めのある日の夕方、
尺八の先生について、初の尺八、吹き歩きをした。
尺八を吹きながら、町を歩くこと。

「虚無僧は、お辞儀をしません。」
歩き出す前に聞いて、驚いた。

初心者の私は、音は出なくても、出る音を吹くだけ。

ゆっくりと吹きながら歩く町は、風景が新鮮だった。
下町の入り組んだ細い路地。

薄暗がりの中、曲がり角で出会い頭に、
すれ違った若い男性が、
おもむろに手を合わせ、お辞儀をした。

新米のニワカ虚無僧もどきに、合掌してくださったのだ。

出会い頭と合掌に、ダブルのドッキリ!

深く被った笠越しに、
こちらの方が、お辞儀をしそうになったが、
素知らぬ顔を保つ。

合掌は、リトリートで慣れているとはいえ、
でも、途端に音が出なくなる。
元々出ない音だと、開き直る。

夕飯時の時間、台所の音。
細い路地に入ると、アジの干物の焼く香り。
見えない壁越しのすぐそこに、人の暮らしがある。

それに気づいた時、思い出した。

以前、山のお寺に滞在させて頂いた時、
お寺の鐘の音について、聞いたこと。

「この鐘の音は、ここから見える家や、
遠くにある家まで聴こえます。
鐘の音を聴いた人が、
今日も1日無事に過ごせて良かったと思えるように、
鐘を鳴らしてください。」

尺八は、一音成仏、という言葉がある。

鐘の音と同じ、聞いている人がいる。

合掌してくれた人のおかげで、地に足が着く。

吹くのに必死だった気持ちに、
静かな心地を取り戻した。

まだ吹いても擦れて、音は鳴らない。
それでも、呼吸が続く限り、鳴らない音を吹く。

息が出て去って行き、
遠くから帰って来た息を吸う。
ただ、それだけの繰り返し。



街灯の下、
仕事終わりで家へ帰ってきた自転車が、玄関先で止まる。

薄暗がりの中、
夕飯を待つ手持ち無沙汰のおじさんが、戸口にチラホラ。

紫陽花、月見草の花が咲く、下町の玄関先。
私が幼い頃に住んだ下町を思い出す。

普通に歩く瞑想の時より、外内側との関わりが深い。

音と足元に集中して、気持ちは引き篭もっている。
音で空間と接しているリアルさ。

前を行く先生、後ろを歩く仲間、
それぞれと曲がり角で、合図をする。
音に集中して気づかないこともある。
静かに歩いているようで、結構忙しい。

それでも、1人ではない安心。
無言で繋がっている信頼。

歩く瞑想に尺八を携えると、こんなに豊かな情景が見える。
すっかりハマってしまった。

家で仕事の休憩に、歩く尺八瞑想を取り入れた。
消えていく音と息。

最近、創作熱が上がり過ぎて、
放っておくと作り続けて休まないので、
気持ちと体をニュートラルに戻る切り替えになる。

祖父の尺八と、自作の尺八。
こんなに身近になるとは、不思議です。

さて、怒涛の遊びと仕事の疲れを、
今日も尺八の消えゆく息と、
上手く吹けずに出る倍音で、心をリセット!


小袖生活案内人、吉房 泰子でした。



◯7月の予定◯ 遊び来てね~♪

7/23 ふんどし型パンツあずま袋 手縫い教室
7/24 小袖ワークショップ 残1席
7/29 応用・小袖生活着方ワークショップ


◯小袖生活ちくちく教室
土曜クラスの空席2名になりました。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


<着る> 小袖ワークショップ 基本
7/24(日)西荻窪・ほびっと村 残1席
8月 休み
9/25(日)西荻窪・ほびっと村 空席あり
開催案内はこちら  お申し込みはこちら


<着る> 小袖生活・着方ワークショップ 応用
7/29(金)横浜・東神奈川 空席あり
開催案内はこちら  お申し込みはこちら

<作る> 小袖生活ちくちく教室 
マイ小袖の制作教室 横浜・関内 キャンセル待ちも受け付けます
木曜クラス
土曜クラス 空2席
教室詳細はこちら  お問合せはこちら


<作る> ふんどし型パンツ あずま袋 手縫い教室
7/23(土)横浜 関内 空席あり
8月 休み
9/10(土)横浜 関内 空席あり
開催案内はこちら  お申し込みはこちら


<作る 着る> 袴ちくちくワークショップ
秋に開催予定
開催案内はこちら  













関連記事
<キーワード>

Tag: 日々のいとなみ  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
ようこそ小袖生活へ

* サイトマップ *

プロフィール

小袖生活案内人 吉房泰子

Author:小袖生活案内人 吉房泰子
江戸の人が着てた普段着の着物
小袖で楽しく暮らしています。
 ◯小袖をご存知ですか?
 ◯なぜ小袖生活を始めたのか?
 ◯小袖WS・参加者の声






開催情報

11/15(金)名古屋_空席new

11/26(火)大倉山_空席new

 

◆小袖生活・着方ワークショップ
縫う教室・受付中

10/12(土)関内_空席ありnew

袋小物,刺し子ふきんコースター

ふんどしパンツ,あずま袋,らせん袋など

 

11/9(土)〜2月・連続講座

受付終了・次回は来年予定

 

横浜_木曜_月2回_2席

横浜_土曜_月1回_1席

 

名古屋_金曜_月1回_4席

名古屋クラス詳細
人気記事
新着記事一覧
◆酉の市・横浜橋で、イヨ~ヨヨヨイ良い!/祝1000記事記念 2019/11/09
◆台風の前と後/袴コーディネート・庭仕事と重ね着秋コーデ 2019/10/16
【小袖WS感想】小袖を着ただけで初対面でも落ち着いて話できると驚いてます 2019/10/15
【お知らせ】10/12講座と教室、台風の影響で休講します 2019/10/10
◆台風に備え停電対策ソーラーライト電球型ランタンと鍋炊きご飯 2019/10/09
◆歩く瞑想と小袖シルエット 2019/10/06
【名古屋クラス感想】リアルな教室で習う意味は同じ空間で見て覚える大切さ 2019/09/23
◆無印良品の袴を見たマニアックな感想です。袴人 2019/09/19
【受付開始】11/9~ 第9回 袴ちくちくワークショップ縫う着る連続講座 2019/09/15
【事務連絡】お申し込みメールのお願い・ドコモ携帯からの場合について 2019/09/13

        * サイトマップ *

カレンダー/since2012
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
読者になってね
アルバム
QRコード
QR
アクセスカウンター