【袴WS】安心で心も体も穏やか/どんどん着たくなっちゃうワークショップ

h-ws-16-6.jpg

いよいよ、来週11/12(土)から開催になりました。
締め切り11/5(土)が間近です。

袴を縫って、袴の着方まで、体験できます。
着物を解いて、新しく袴にリメイク。

さて、どんな体験ができるのでしょうか?

袴ちくちくワークショップ教室のご感想です。

前回の楽しさをもう一度と、再受講してくださった、Nさんです。
ご感想と写真の掲載へ、ご協力をありがとうございます。

ーーーーーーー   
◆ 再受講では、どんなことを知りたかったですか?

特になかったです。
と言いますのも、
疑問や不安は残らず始終楽しく腑に落とせて
疑問も知りたいことも満たされ1人で着れるようにもなり
大満足過ぎて疑問はもう残っていなかったからです。

泰子先生が私たちの目線で考えて授業を組み立ててくださって、
私たちを見てその時必要なお話と工夫の可能性のお話や
たっぷりの貴重な小話をしてくださったからです。
第二回目は何も考えず真っさらな気持ちで参加させていただけました。

h-ws-16-2.jpg

◆参加した後、どんな発見がありましたか?

□ 縫い方…

前回はおし縫いで全ての端の始末をしたのですが、
今回は全てくけて始末しました。

時間はかかりましたが、何を目的としているかで縫い方を選んでもいいところが
手縫いの素敵なところだなと思いました。
どんどん手縫いが好きになりました。

□ 着方…

前回作ったタッツケ袴は足をサポートしてくれているような安心感、
カルサン袴はゆるりと着られる安心感がありました。

説明が難しいのですが晴れ着はもちろん、
例えたっぷりした洋服であっても味わえない感覚だと思います。

小袖もそうですが、安心感があると、
心も体も穏やかでいられるだろうな〜と思いました。

h-ws-16-nm1.jpg

□色の合わせ方…

私はナチュラルめな色味が好きなので、
好きな雰囲気のものばっかりで合わせたら
なんとも男らしいコーディネートになりました。

それも気に入ったのですが、洋服ではさすがに使い辛く選ばないような色でも
着物に取り入れてもむしろ素敵さが増すのものなのだなと思いました。

普段着るものはナチュラルな色が好きだけど、
赤、黄、ピンク、紫、緑…本当はどんな色も全部好き。

これらが着るものに取り入れられるなんて嬉しい、素晴らしい。
次は自分自身に遠慮せず、そんな色も使って作ってみたいなと思いました。

□何気ないこと…

袴を作りたい人が集まること自体が
ものすごく貴重で意義のあることなのではないかと思いました。

雑談や小話の中に、大事な暮らしのヒントのようなものが散りばめられまくりの時間で、
大げさではなく幸せに感じました。
泰子先生、ご一緒させていただいた皆様、ありがとうございました。

h-ws-16-nm2.jpg

◆完成した袴を着て、どんなことをしたいですか?

前回も同じことを書きましたがやはり旅行に行きたいです。
どうしても、自然の中をのんびりと歩きたい〜〜。

ちくちく教室で帯まで仕上げられたら是非叶えようと思っています。

◆メッセージを、どうぞご自由にお書きください。

これから1人でもちゃんと作れるようになれ、着れるようになれました。
更にあれこれ工夫して考えてワクワクしてしまう、
新作を作りたくなっちゃう、
どんどん着たくなっちゃうようなワークショップをありがとうございました、
とても楽しかったです。

お祝い会の場所も色々考えてくださって、
お料理の交渉もしていただいたのですよね、本当にありがとうございました。

やはり美味しいものをみんなで食べるのは嬉しいものですね。
と言うか本当、あのお店のごはんは美味しかったですね〜!

ーーーーーーーー


Nさん、楽しんでくださり、ありがとうございます。
伸びやかに、活き活きと袴姿で動くNさん。
本当に楽しんでくださってます。

自然の中を、袴で旅する。
ワクワク楽しい夢が膨らみますね。

縫い方も、ご自分の技術や暮らしのリズムに合わせて、
徐々に取り入れてくださったようです。
優しい縫い方も、たくさんご紹介できる講座を、
上手に活用してくださり、ありがとうございます。

h-ws-16-0.jpg

(着物をほどいた反物から袴を作るスタート)

そして、来週からの袴ちくちくワークショップに、
Nさんは、3回目の受講をしてくださいます。

そうです、全三部作を身につける事になります。
「めったにない講座ですから」と、申し込みしてくださいました。
嬉しいですね〜!

受講者さんが、何度も楽しく参加したくなるほど、
内容は充実しています。

お申込み期限が迫ってきました。
縫って着るがセットの講座。
この機会に、一緒に縫いましょう。

そして、着物でワクワクする時間を、
1日でも多く楽しんでいきましょう。
日本に生まれて楽しいことは、まだまだ、たくさんありますよ。

初めてさんも、モンペ袴からステップアップできます。
手縫いの楽しみが、ここから始まる。

お待ちしてます。

<作る 着る> 袴ちくちくワークショップ
11/12(土)~ 全6回 関内 残3席
開催案内・お申込みはこちら  



小袖生活案内人 吉房 泰子でした。


◯11月の予定 遊びに来てね~♪
11/12(土)~ 縫う着る・袴ちくちくワークショップ
11/27(日)小袖ワークショップ

◯小袖を縫う教室に、空席がでました。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


<着る> 小袖ワークショップ 基本
11/27(日)西荻窪・ほびっと村 空席あり
開催案内はこちら  お申し込みはこちら


<着る> 小袖生活・着方ワークショップ 応用
開催案内はこちら  お申し込みはこちら

<作る> 小袖生活ちくちく教室 
マイ小袖の制作教室 横浜・関内
木曜クラス 空2席
土曜クラス 空1席
教室詳細はこちら  お問合せはこちら


<作る> ふんどし型パンツ あずま袋 手縫い教室
12/11(日)西荻窪・ほびっと村 空席あり
開催案内はこちら  お申し込みはこちら





関連記事
<キーワード>

Tag: 袴WS作品と感想  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
ようこそ小袖生活へ

* サイトマップ *

プロフィール

小袖生活案内人 吉房泰子

Author:小袖生活案内人 吉房泰子
江戸の人が着てた普段着の着物
小袖で楽しく暮らしています。
 ◯小袖をご存知ですか?
 ◯なぜ小袖生活を始めたのか?
 ◯小袖WS・参加者の声






開催情報

4/22(水)大倉山_空席

 

◆小袖生活・着方ワークショップ
縫う教室・受付中

3/28(土)関内_中止

4/11(土)関内_空席あり

マスク、袋小物、刺し子ふきんコースター、ふんどしパンツ、あずま袋、らせん袋

次回は5〜8月、連続講座

横浜_木曜_月2_1席、第4_1席

横浜_土曜_第2_1席

名古屋_金曜_月1回_4席

名古屋クラス詳細
人気記事
新着記事一覧
◆非日常でバランス保つ5つのヒント・手抜きレシピと小さな楽しみ 2020/05/18
◆ルールに安心する人・破る人・創造する人の普遍性/懐かしいCD 2020/05/03
◆綿入れ着物を知ってますか?四月一日の読み方と意味 2020/04/26
【動画】下腹部ポッコリ腹筋チャレンジ・着物スポーツ 2020/04/26
◆大倉山の会場へお礼・アンティーク刺し子半袖の着物 2020/04/24
◆自宅でできる坐禅会に参加・新しい試みを足す 2020/04/24
◆思い出のお稲荷さんを食べて元気で今日も良かった 2020/04/19
◆お盆とお膳の違いを知ってますか?お庭ご飯のお供/お昼寝タイム 2020/04/18
◆洋服の古着を使って半着をリメイク/着物の襟には隠れた秘密がある 2020/04/17
◆昭和のお母さんスタイル・赤と黒の着物コーディネート 2020/04/16

        * サイトマップ *

カレンダー/since2012
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アルバム
QRコード
QR
アクセスカウンター